べとぼこチャットルーム


2014年8月3日日曜日

クチトンネルへ行ってみた。

どうもお久しぶりです。真っ暗な部屋でUPLOADを試みる者です。
どうも最近仕事が忙しくて、VSIP行ったり、CAT LAI行ったりと多忙な毎日を過ごしています。
新しいお客さんが来るとVSIPの管理事務所に連れて行って必ず行う説明が
ここは元々ゴムの木農園で、地盤がしっかりしていたから、工業団地として最適だった・・と

地盤がしっかりしていないと建屋が沈んだりと、仕事をするにはなかなか
不便だったりします。

建物を建てるだけではありません。
穴を掘って生活するにも地盤が固いほうがいいに決まっています。

ベトナム戦争時代ベトナムの兵隊はCu Chi地方に来たときに思ったはずです。
ここで穴掘れば生活しながら戦争できるぞ!


7月6日、筆者露と友人何人かでクチトンネルへ観光に行きました。
ぶっちゃけ私はもう数え切れないほどクチトンネルへ出向いているが、お尋ね者の友人が
是非クチヘ行きライフルをぶっ放したいと行っていたので急遽出かけることなった。

クチトンネルはその名の取り、Cu Chi区にあるトンネル基地で、HCM中心から45KMほど
北上したところにある。実はTAN BINH区やBINH TAN区と同じようにHCM市内である。

朝8時30分頃だったろうか、バスに乗り込みガイドが自己紹介を行っていた。ガイドの名前は
ミッキー、陽気な性格なのか笑顔を絶やさない青年であった。ノートをまわすから年齢と国籍
どこに泊まっているのか書いてくれと言われて、ノートを見た。

僕らの席は一番後ろだったのだが、目の前に欧米系の白人カップルが
二人バスでいちゃついていて、こやつらの年齢が二十歳だと判明。
こいつら二十歳で、白人で、カップルで、ベトナムで海外旅行だと?
クチトンネル入ってこわーいとかお決まりの1シーンが浮かんでしまった。うらやましい。


クチトンネルに行く途中でHandicapの人たちがものづくりを行っている工場に着いた。
市場でよく見るお土産が一杯置いてあった。
トンネルだけではないこういった観光産業も実は戦争の負の遺産だと気づかされた。



その他の旅行や観光情報は下記から!
その他ベトナムの生活は下記より!
にほんブログ村 海外生活ブログへ














0 件のコメント:

コメントを投稿