べとぼこチャットルーム


2014年9月4日木曜日

Otres Beachで命がけの船旅

夜のベトナム国境からシアヌークビルまでの続き。

2014年8月31日12時には到着するはずが、18時に到着したところまで昨日お伝えしたな。
12時頃プノンペンに到着する頃にはすっかり絶望しており、ロン島どころか9月2日にベトナムに
戻れるかどうかすら心配になりました。

バスの中では困惑している乗客がいましたが、みんな心に余裕がありげでした。
なぜならみんなバックパッカーばかり。ベトナムの数少ない連休を使ってカンボジアのシアヌークビルまで社会人が行くことは稀なのかもしれない。

私は気が気じゃありませんでした。困惑なんて可愛いものではない。
到着したとき、既に諦めていたので私以外の仲間の予定地に私もついていくことにした。
(元々ロン島には一人で行く予定だった)
この選択はおそらく間違ってはいなかった。なぜならシアヌークビルには安宿がそんなすぐに
見つかりそうに無かったからである。

Otres Beachはまだまだ発展途上で、宿泊施設はマジで安かった。ドミトリーとか使い始めると
4ドルとかもあった。次カンボジアでシアヌークビルへ旅行を旅する予定の方には言っておくが
ここを拠点にして動いたほうがおそらく賢明だろう。
ただ、本当はロン島の夜でがやがやしたかった。しかし、31日に行けないとすると次の日朝一で
行っても、その日中にシアヌークビルに戻らなければならない。それではロン島に行く意味?は
ないので、やめておいた。

その日の夜はスペイン人の男性とシェアして部屋を借りた。
無論ベットは別々だ。言うまでもない。
夜、外からの波の音を聞きながら床についた。なんという贅沢だろう。

次の日9月1日、ついに島を目指す。しかし、その日の天候は残念なことに雨。
スペイン人は行くのをキャンセルしたが、私と日本人女性、台湾人女性、フィリピン女性は
行くことにした。

船はプライベートで貸切状態で取っていたので、キャンセル料が怖かった。
クルーザーみたいなので行くのかなーと結構期待していたのだが迎えの車を見て
期待は不安に変わった。

迎えの車の道中、ドライバー曰く、船は既に海で準備されているとのこと。この雨の中
結構朝早くから準備してくれていたんだなウンウン、俺は乗るぞ。


って沈没してるじゃん!

あれってか?そりゃこの雨の中だ船の一つや二つ沈没するかもしれんが、まさか前日から
沈没した形で準備されていたのか?ドライバーに聞くが笑いながらいやいやあれはないよ
あれはないでしょーという顔つきで笑う。









こっちでした。私に言わせて見れば、こっちもねーだろ!と
突っ込むところでしたが私も29歳になる大人、ここはぐっとこらえ、命を賭けてみることに。










船は上下に揺れながら進み、シェムリアップの道さながらの荒波でした。
(波と変わらぬ道の悪さに乾杯)

乗客はみな実はクリスチャンだったのですが、私もその時はつい祈りましたね。
アーメン

その祈りは通じたのか、雨はどんどん小雨となっていき、島に近づいていく・・・・


その他の旅行や観光情報は下記から!
その他ベトナムの生活は下記より!
にほんブログ村 海外生活ブログへ


気に入った方は下記をクリックお願いします。
ブログランキングならblogram








0 件のコメント:

コメントを投稿