今日のベトナム語


日付ベトナム語日本語
4月30日biến áp変圧器

bột mì小麦粉





2013年9月29日日曜日

ビテクスコ・フィナンシャルタワーへ行った。カフェ編



ビテクスコ・フィナンシャルタワーはホーチミンで最も高いオフィスビルである。
今から遡るに2010年の4月に私はベトナムの地に踏み入れたが、あのビルの存在感は凄まじいものがあった。
当時はまだ完成していなかった。

完成したのはWIKIPEDIAと私の記憶によると、2010年の10月(だったっけな)

完成して直ぐに上ろうとしたのを覚えている。
行ってびびったよ。なんせエレベーターに乗るだけで20万ドンかかったんだから。

景色は確かによかったが。釈然としないものがあった。
別府タワーより高いなんて・・・・・・・・・・・高さは低いけど
当時給料月400ドルだった私にとって入場料だけで20万ドンかかるのは許せんかった。

それからとある噂を嗅ぎつけた。
コーヒーを飲みにいきますと言えばイベント発生?

ヒラケゴマってか?

その噂を解明せずして早約3年半

昨日

確かめに行きました。
画像、経緯下記BLOG参照!
http://shashinnkan.blogspot.com/2013/09/bitexco-financial-tower3.html



入り口が分からなかったのでいつものエレベーターのおっちゃんに確認した「入り口は中からだよ、階数は50階ね」

フードコートやらなんやいろいろ入っているほうの建物に入って、美人なかかりの姉ちゃんに話しかけた。

オラ、50階のコーヒー屋に行きたいだよ。

そうすると裏口へ案内される。
http://shashinnkan.blogspot.com/2013/09/bitexco-financial-tower5.html

人気のないエレベーター出てきたー
http://shashinnkan.blogspot.com/2013/09/bitexco-financial-tower6.html

そして普通に、普通なら20万ドン(約1000円)かけてあがるところを
無料で上がった。

景色はもちろん、ホーチミンぴか一(微妙?)

IPHONE3GSで撮ったから非常に画像は汚いが、来月4買う予定だから我慢してくれ。
http://shashinnkan.blogspot.com/2013/09/bitexco-financial-tower9.html


コーヒーは飲まずにパッションフルーツを頼んだ。お値段は約20万ドン
そのお値段に恥ずかしくない味だった。

階段があり、降りてみると、そこには20万ドン払って入場した人々が山ほどいた。

20万ドン払っても無料で上がれるレストランのほうが階数が高いなんて

降りると係りの人がでてきて、チケット無いだろうからでてってくれと追い出された。
係りの人結構慌ててたぜ。だったら階段なんて通行禁止にしておけばいいのに・・・・




2013年9月26日木曜日

っつ北枕





アプリゲームで「マドリズ」というゲームがある。
下記、説明しているブログがあったので添付しておいた。
http://www.gamecast-blog.com/archives/65759882.html

当時、いろんな間取り図を見てみようとアプリで探しているところだった。

このゲームでは、窓を南向きに置くと日当たり良好とかなんかブロックのステータスが変わる。

なぜ南向きが良いのか?
下記のhpを見てみた。
http://www.muji.net/mt/ie/column/tsubuyaki_100323.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/26948/

デメリットを伏せて、メリットだけ言えば、一日中明るくて、暖かいらしい。
なんか冬がどうとか、夏がどうとか書いてたが、ここ夏しかないから関係ないや。

僕の部屋はどうなっているんだろうとiPHONEのコンパスを出してみた結果
僕のベット・・・北に向いてる・・・
なんと北枕だった。窓がついてる方向よりもベットの方向のほうが気になった。

窓は東に南についている。

実はこの東の窓、いつも布団をカーテン代わりにして塞いでいた。なぜなら明るすぎて、目がくらむからである。
しかし、最近朝早くに目を覚ますことが出来なくなってしまい
その布団を下に降ろした。

明日からきっと早く起きれる。

VIETNAM GOLF START!





ベトナムでゴルフをはじめた。
理由は簡単、断りきれなくなった。

下記、雨の中のゴルフ場の写真
http://shashinnkan.blogspot.com/2013/09/blog-post.html

ベトナムでは駐在員のやることといえばゴルフだ。
嫌でも営業していれば誘われてしまう。
最初はちょっとお金がないのでとか、ちょっと時間がないとか言えば断れたが。
10回も20回も誘われれば、さすがに悪いなと思ってしまう。
一回打ちっぱなしだけでもいこうなら、やる意思有りと見なされ
あれよあれよゴルファーに格上げだ。

僕はしがない現地採用なので、ゴルフをやるとお金が貯まらない。
だから最初は辛かったが、今ではプラスに考えれるようになった。

まず、人脈が増える。
最低でも4人くらいで遊ぶし、コンパなんてやれば何十人も会える。

本性が見える。
仕事だと絶対笑顔や、不満な顔が
遊びだと人間見えてくるし、夜はちょっとストッキングでも破りに行こうかという
話になるので、人の本音がよくみえるようになる。

ベトナムではまだ日本より安い
高いといっても、日本でやるよりはずっと安いので
今のうちに修行してうまくなっておきたいと思った。
打ちっぱなし100球で700円くらいだし、コースも安いところだと一万円もしない。

まだゴルフというより、ボーリングのようなスコアだが
打ちっぱなしやコースに出るごとに前よりマシ、まえよりマシだと思えるので面白い。

早くまともなスコア取りたい。

下記、お勧めゴルフ場 In VIETNAM
http://vietnamgolfcc.com/

http://songbegolf.com/main/

2013年9月25日水曜日

葉巻を吸ってみた




前に葉巻を路上の売店で見つけた。

葉巻を見て思い出すのはDARKMAN

DARKMANは1990年にアメリカでリリースされた映画で、映画の中で葉巻を切る道具で

指を切るという当時少年だった僕にとって衝撃の映画であった。

下記、私が買った葉巻の写真

http://shashinnkan.blogspot.com/2013/08/2.html

映画ではその都度葉巻を切っていたが 実際は最初から穴が開いているようだった。

下記、よく分かる葉巻の吸い方サイト

http://www.wa.commufa.jp/~honey/yani/ht-cigar.htm

すってみた感想としては。。。

甘い、あと、上のサイトでも乗ってたけど、
肺に入れないらしい。 健康にいいのか?

もし知ってる方がいらっしゃいましたら教えてください。

2013年9月19日木曜日

世界の航空貨物運搬状況





興味深いサイトを見つけた。

下記URL
http://www.flightradar24.com/37.51,131.02/6

自動的に世界中のフライト状況を視覚的に確認できる。

私は仕事柄、AWBを確認することが多いので
たまにきちんと飛んだかこれで確認してみようかと思っている。
通常、貨物の運行状況は知る人ぞ知る
カーゴナビというWEBSITEで確認する。

下記、URL
http://www.cargonavi.com/

MAWBから貨物の追跡を行うことが出来る。
しかしまあ、フライトトレーダーを見ると、どこで活発に人や物が動いているのかよくわかる。
やっぱ日本、ヨーロッパ、アメリカ、中国なんだなー
当たり前だが、実感する。

下記、写真です。 http://shashinnkan.blogspot.com/2013/09/24.html

水ぶっかけ生活





今住んでいる家に住み始めて早半年経った。

前回シャワーもトイレも無いと言ったが、正確には一階にはあった。

私の部屋は三階(屋上)にあり正直シャワーを浴びに一階まで行くのは億劫であった。

屋上には私の部屋、ベランダ、洗濯場の三つの空間が合ったので
そのうちの洗濯場を洗濯機を外に出してシャワールームとして使う許可を得た。

これ一階まで行く必要はなくなったわけである。
一階でもここでも、温水は出ないわけだから、ここでいいわけだ。
シャワールームと言っても、あるのは蛇口がひとつぽつんとおいてあるだけで
地べたに座って蛇口に肩を当てるので精一杯、頭を洗うには半分土下座する形で やるのだ。

そこでバケツを購入した。 このバケツに水をある程度ためておいて、小さな桶で水をぶっかける。
蛇口からシャワーへ一歩近づいたわけだ。 そこから最近一気に現代人の生活に近づく。
なんと温水をバケツ一杯にする術を手に入れたのだ。
まあ温水といってもバケツ一杯に20-25度くらいの温度だが 体を洗う抵抗が一気に減った。
やり方は原始的なのだが、給湯器でお湯を暖めてバケツにぶち込むだけ これはベトナム人の一般家庭で行われているやり方だそうだ。
単純明快だが、案外楽でいい。
前は、体を洗うにもある程度の覚悟が必要であった。
順序が必要であった。
まず足から洗う、なぜかといえばあまり寒くないからだ。
そこから頭を洗う。なぜかといえばあまり寒くないからだ。
水の温度に体を徐々に慣らしていって 覚悟を決めて背中やおなかを一気に洗うのだ。
一回被ってしまえばどうって事はないのだが、そこまで行くのに毎回覚悟が必要となる。

今では給湯器でお風呂のお湯を沸かす一見すれば
不思議な光景が当たり前となってしまった。

べとぼこ生活クラブ

私の住んでいる場所は月々の家賃125ドルという激安ルームです。

この部屋を探すのに、道端のベトナム人からとにかく安い部屋を教えてくれと渡り歩いた。

安かろう悪かろうではないですが キッチン無し、トイレ無し(一階の共同トイレ使用)
シャワー無し(蛇口はある) というインド人もびっくりのすさまじい環境です。

部屋の大きさは大体3.5 X3.5くらいでしょうか。

実はベランダのほうが大きく4 X 3.5くらいあります。
ただ、まだベランダは有効活用できていない。

この無駄に広いベランダ付き極貧部屋でいかにして生活水準を上げていくかが腕の見せ所です。
誰にその腕を見せるわけでもないですが、自分のためにあげていくしかありません。

キッチンはないので、電気コンロ、炊飯器、給湯器を購入、冷蔵庫は彼女がもらって来ました。

この中でも冷蔵庫が手に入ったのは大きかった・・・・・・・・
お前ら冷蔵庫がない生活を一回考えてみろ。

飲み物は買えるのだが、一日置くとぬるくて仕方がない。

冷やせるし、氷も作れるので非常に幸せ。
日本にいた頃は実家で当たり前に享受していた物が 1ヶ月ほどなかった。

この点を人と話すときにうまく話せるかで私の印象が変わってくるだろう。
この部屋の話をして笑ってくれる人もいるし、ドン引きしてはなれていく人もいる。

語り手の腕の見せ所である。

ここに移り住んで早半年経ったがまだ他にも改善された点がたくさんある。

本件、いろいろ紹介していきたい。