今日のベトナム語


日付ベトナム語日本語
4月30日biến áp変圧器

bột mì小麦粉





2014年1月24日金曜日

フィリピンへの下準備2

どうもお久しぶりです。
最近更新率が非常に悪くなっておりますが、読者が少ないので気にならなくなってきました。

着々とTETが近づくにつれて仕事が非常に忙しくなってきており
なかなかテト休みへの準備がはかどりませんがとりあえず。。。。

1)彼女のビザゲット。これで大手を振るって日本に連れて行けます。
2)フィリピンのホテルの予約完了。まだ、空港でのPICKUPのコンファームをゲットしていないのでやらなければ。

ホテルはWHITE KNIGHT HOTEL INTRAMUROS

2014年1月4日土曜日

アレルギー対策デ学ぶ

前回の僕を掃除させるようにさせた何かで僕が
何かのアレルギーで腕とか、腿とかがかゆくなるという話をした。

分かっているのは、Cezilと呼ばれる薬で軽減されるということだけだ。
部屋を掃除しても、換気しても、そもそも病院のドクターの診断でもハウスダストはNegative
唯一ひっかかったのはDogの毛らしいのだが、ベトナムの犬に気軽に触ることは無い。

今後、原因が分からない場合、Cezilにお世話になることが増えるわけだが
ベトナムの薬を長い間使いたくは無いので、漢方やら日頃の食品を変更してみたりつぼとかで軽減できないか試してみようと思う。
いい機会だ、いろいろ勉強する。

試しに参考にするWEBSITEは下記
http://www.sommermagazine.com/

ヒスタミンというよくわからんものが体でアレルギーを起こすらしいのだが
それを抑えるにはカテキンを含むお茶がいいそうだ。
また、ヨーグルト、味噌、納豆、きのこでも抑えれるようだ。

つぼは列欠(レッケツ)合谷(ゴウコク)曲池(キョクチ)というところでかゆみを抑えられる様だ。やってみたが全然効果がない。
修行が不足しているのかもしれない。合谷に関して言えば、押したところが逆にかゆくなったくらいだ。




アレルギーすごい
つぼにも食品にも漢方にも詳しくなれそうだ。

2014年1月2日木曜日

僕を掃除させるようにさせた何か

僕は大学時代に様々な日記を書いてはUPLOADしてきたが
過去に自分が書いてきた日記を振り返ることは少ない。

しかし、掃除に関しては必ず振り返ってしまう。

それほど、自分にとって掃除とは苦手は作業であり、定期的に掃除するなど
考えられないことであった。

下記主なブログのネタです。

1)掃除の対義語
2)炊飯器の脅威
3)夢の掃除の無い生活

そして本日の日記は、その大の掃除嫌いの私がついに定期的に掃除をするようになったきっかけについてです。

掃除に関わらず、僕は”今”したいこと以外のことを定期的にやることが苦手だった。

換気、掃除、洗濯等だ。
僕にとってはそれは”今”やりたいことでは決してなく、明日でもよいことと考えている。
だから、”今”やることはないのだから、永久にやる必要も無いという具合にどんどん後回しにされていくのだ。

そんな僕が、今は一週間に一度は掃除をし、時間があれば換気をするようになった。

理由はアレルギーだった。

実はここ1ヶ月間、私は薬を飲まなければ体中がかゆくなる症状が起きている。
1年に一回掃除すればよいとまで考えていた私が今は定期的に掃除を行っている。

健康について怖くなったのだ。


まあ部屋も狭いので掃除自体苦になることもないが
この僕が掃除を行うなんて、すごい前進だ。

28年間掃除嫌いが改善されることの無かった僕がアレルギーという代償を払うことで改善された。
ちなみに、掃除がハウスダストがおそらくアレルギーの原因ではない。
理由は分からないが、悩みに悩んだ結果自分の生活を劇的にかえてみようと思ったのだ。
その劇的にかえたもののひとつは掃除であった。