今日のベトナム語


日付ベトナム語日本語
4月30日biến áp変圧器

bột mì小麦粉





2014年2月13日木曜日

ベトナムからフィリピンへのトランジットの旅3(ホテルの選択)

前回からの続き


ホテルの選択
トランジットの旅では通常2回はその国に行くことになるでしょう。
私の場合は行きと帰りで一泊ずつすることになります。
その際、私は行きも帰りも激安ホテルよりも割りと高めのホテルに泊まることをお勧めします。
なにせ、トランジットの旅です。1泊2日がたった2回しかないのです。
私の相棒は短いから激安でよいと言ってましたが、私は短いからこそいいホテルに泊まるべきだと考えます。
AGODAであろうとなんだろうと、WEBSITEに載っているホテルはよさげに写真を撮るものです。だから、激安でもいいところのように
勘違いしますが、たいていの場合行ってみると共同トイレに共同シャワー、部屋は狭く、また本当に安全かどうも分かりません。
荷物が不安で外に出るのも心配になります。どうせ2日しか滞在しないんです。3つ星か4星にとまりましょう。AGODAなら高くても安いところが
すぐ見つかりますよ。

また、周りに観光地が多い場所にしましょう。GOOGLE MAPでいいので、観光地が集中しているっぽい場所を探して
その場所をWEBSITEで調べる。トランジットの旅では事前学習がかなり重要です。
トランジットでフィリピンに行ったことがあると他人に言うのではなく、フィリピンに旅行に行ったと言いたい。
言うためにはフィリピンでの滞在内容を濃いものにする必要があります。

私は今回WHITE KNIGHT HOTEL INTRAMUROSというところにしました。
Intramurosはフィリピンの旧市街にあるところで、スペインの植民地時代の名残がいたるところで見受けられます。
観光地的には、サン・オースガン教会やマニラ大聖堂
サンチャゴ要塞等々・・・・

また、ホテルの人に聞けば大抵そのホテルが発行する簡単な地図を貰えると思います。その地図には近辺の観光スポット的なものが書いていると思いますので
一度ホテルの人に道案内とかお願いするといいですよ。













ベトナムからフィリピンへのトランジットの旅(事前学習について)
ベトナムからフィリピンへのトランジットの旅2(ホテルへの移動について)

ベトナムからフィリピンへのトランジットの旅2(ホテルへの移動について)

前回の続き

ホテルへの移動について
前回の上海トランジット旅行では、空港近くにホテルを取ったので
タクシーやら電車やらでなんとかいけるだろうと楽に考えていて失敗しました。
テト中ということもあり、タクシーに乗ることが出来ず
電車に挑戦し、最終的にバイクタクシーに乗る(またAGODAのホテルの電話番号が違っていたので道案内も出来ない)
という無謀にも程がある計画で突っ走りあえ無く失敗いたしました。通常10分でいけるところを3時間くらい迷い無駄に時間を使い
よくわからない行動をしてしまいました。

トランジットの旅は時間が短いために最初のホテルまでの道のりがかなり大事です。
ホテルにつけば、カウンターの人が近場の観光地を通常地図付で教えてくれるし、空港までの
帰りのタクシーも呼んでくれたりしてくれます。ホテルさえついてしまえばどうにでもなるのです。
そこで今回はお迎えサービスをお願いしました。AGODAから予約を行い国際電話でBOOKINGの確認とPICKUPサービスの要求
この際、実際その電話で通じるのか分かるし、きちんと予約が行えているのか確認できるので重要です。
余裕があれば、メールアドレスも抑えておきましょう。

一度ホテルについてしまえば、次の日の帰りのタクシーの確保です。ホテル近くのタクシーを捕まえて、例えメータータクシーであっても料金を確認する。
自分の納得いく値段であればホテルに頼ることもなく、そのタクシーに時間通りに来てもらい、空港まで行ってもらいましょう。

今回私の場合は海に近いホテルでしたから空港から海沿いで北に進み
実際お迎えのタクシーが無くてもいけたかもしれませんが、安心のためお迎えをお願いしました。

参考WEBSITE
http://shashinnkan.blogspot.com/2014/02/google-map.html

ベトナムからフィリピンへのトランジットの旅(事前学習について)

どうもお久しぶりです。
ベトナムからフィリピン、フィリピンから大阪
大阪から松山、松山から大阪フィリピンベトナムという長きに渡る旅からついに帰ってまいりました。
あまりに長い休日なので様々な方から言われましたよ、嫌味。

前回の上海旅行から如何にすればトランジットの旅が心地よく行えるのかずっと考えています。
今回フィリピンへトランジットで行きましたからその時に思ったことを、以前の上海トランジットの失敗から学び
対策して望んだことを今回まとめてみようと思います。

事前学習について
たかがトランジット、されど海外旅行です。
トランジットで行っただけというより、海外旅行でフィリピンに行ったと他人に言いたいものです。

行きと帰りで1泊2日が2回もあるんです。2泊三日で海外旅行する人もいるのだから時間だけ見ればこれは立派な海外旅行です。
しかし、それをたかがトランジットから海外旅行に格上げするには事前学習が非常に大事です。
予約するホテルへの道のり、ホテルから観光地への道のり、その国にどんな歴史があって、どんな風習があってetc........
事前学習が多ければ多いほど、その旅行で気づくことがたくさんあるはずです。
私の場合ニノイ・アキノ国際空港の名前が日本人っぽい名前でしたからそこからWIKIPEDIAで調べて
ああ、当時のマルコス政権のライバルの名前で、現大統領の親父の名前なんだとか学んで、日本とは全く関係ないこととか調べると面白かったですね。
フィリピンの本も2-3冊くらい読みました。今でも勉強しています。当時のトランジットでの旅行の価値は後から勉強しても高まると思います。
一度行ったことがあるか、無いかはその国について語る上でも非常に大切です。
しかし、行ったことがあっても、行ったことのない人に知識で負けるのは非常に情けないです。
その国に行ったことがあるということに誇りを持てるようにしましょう。私は現在とても上海に行ったことについて誇りは持てません・・・・

また、事前に勉強しておくことで、どこが危険で、何がタブーかも分かるので
旅におけるリスクを軽減させることにも繋がります。
短い期間だから安全に、でも臆せずいろんなところにいけるといいですよね。