今日のベトナム語


日付ベトナム語日本語
4月30日biến áp変圧器

bột mì小麦粉





2014年3月29日土曜日

前職のお話

突然だが、私の前の仕事の話をしたい。
私は以前は物流の会社にはおらず、建具の会社にいた。
建具というと、あまりイメージのつきにくい人がいることだろう。
私もその一人だった。

私が前の会社で出会ったのはとある市場で旅行会社として営業をしているときだった。
ふとした気持ちでとある女性に話しかけ、今の会社を辞めて手伝ってみないか?ということになった。
今の会社の待遇にも不満があったので、確か1週間後辺りだったと思う。辞めた。

当時その会社はNGUYEN THI MINH KHAI18Aと呼ばれる通りに位置していた。
そこは学生や、日本人教師などのステータスの人々が住み着く場所だった。

私は不安になった。
新しい会社はどういう会社なのだろう?自分はどういうことが出来るのだろう?そう思いながら会社に出向いた。
出向いた先は、普通の民家の3階、当時、その会社には一級建築士が一人、事務方の女性が一人
営業が一人(ハノイに出張中)日本にある建具の会社で4名くらい?で構成されていた。
私の住む場所はその会社が提供してくれるということで、その民家の2階で住み着くようになった。

出勤時間はたった10秒。ベトナムでよくある言い訳のひとつ渋滞で遅れるなんてとても言えない環境となった。

私のいた会社はアルミニウム製品の建具を扱っていた。
どういう製品かというと、窓のフレームとか、ルーバーなどであった。
それを販売から取り付けまで行う商売だ。正確に言うと私の所属はまだ会社では無かった。
というのも、ベトナム現地法人の会社はまだ設立されていなかったのだ。
だから最初のうちは、会社設立をしなければならない。
大学で経営やマネジメントを学んだ私としては貴重な経験が出来そうだと喜んだ。

一から作っていくことは並大抵なことではなかった。

続く。

その他の旅行や観光情報は下記から!

旅行・観光 ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿