今日のベトナム語


日付ベトナム語日本語
4月30日biến áp変圧器

bột mì小麦粉





2014年3月20日木曜日

旅の本とGoogle Map

トランジットでフィリピン旅行をしようと
フィリピンについて旅の本を読んで気づいたことがある。
旅の本を読むのは面白い!ということだ。

なんてことは無い、単純なことなのだが、その面白さは
読んだ後、地図をみてみるところにある。

現代は非常に便利なことにGoogle Map様がいらっしゃるので
旅の本を読んだ後、Google Mapで見てああこの場所なんだって感じるのが楽しい。
そうやって、地図に詳しくなって、地理の詳しくなってと話せる幅をこうやって広げていけばきっと無理は無い。

思うに、転勤族の家に生まれた子供は歴史に強いのではないだろうか?
きっと、その歴史の舞台で生まれた子供はその地域のことを学ぶ際に
住んでいないものより、鮮明に理解する力を持つに違いないと思う。

様々なところに住んで、学んでいける体験が出来るのも
いいんじゃないかなぁと。

私もベトナムに住んでみて、その周辺国の地理状況は2年くらいではっきり掴めるようになった。
1年もベトナムにいると、やはり外に目が行くものだ。
来る前はラオスといわれても、ぴんっとくることはない。
国境という意識すら、カンボジアに行くまではぴんっとは来なかった。

きっと、大陸に住む者たちの国際的感覚は、日本人のそれとはかけ離れているだろう。

最後に私の今年の目標のひとつではあるが
地理に強くなることだ。

自分の今の仕事が物流に関わるものというのもあり、地図や地理について強くなると
国外の港とかにも興味を持つようになるかもしれない。

今は港にあまり興味は無いが、興味を持つように下地を作ってみようと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿