今日のベトナム語


日付ベトナム語日本語
4月30日biến áp変圧器

bột mì小麦粉





2014年4月30日水曜日

プノンペンーシェムリアップまで行くには?

ついに出発日当日です。
興奮して眠れませんというか長期バス対策です。
なんせプノンペンまでとはいえ4時間はかかりますからハイ。 

今回持っていく道具達です。なお、Iphone4で写真撮っているので
左に下には箱を置いておきました。事情を知っている方は何かと突っ込みどころがあるとは思いますがこんな感じです。

今大体1時ぐらいですから、ここから6時間くらいまでパソコンに向かい、7時20分ごろにはDethamのお向かい場所まで移動して、そこからバスでプノンペンまで向かいます。徹夜してしまえばバスの中でもゆっくり寝られることでしょう。最近酒が飲めなくなったので今回の旅ではウイスキーは無しです。

プノンペンまで行くのはいいのですが、問題はその後。如何にしてシェムリアップまで行くかです。
バスがすんなり見つかればいいですが、時期が時期なだけ、席のあるバスが見つからない可能性もあります。
なら考えられる最悪の場合の方法は下記の通り。

1)タクシーで行く
2)バイクタクシーで行く

経費はかかりますが、最悪の場合仕方がありません。なんせバンコクの飛行機は既に取って
しまったのですから、いまさらプノンペンで終わりなんて寂しいことをしてはならないはずです。

とりあえずGoogleMapでどれくらい距離があるのか調べてみました。
すると321KMで4時間みたいなのです。バスで通常いく場合6時間はおそらくかかりますので
321/4=約80KM 80*6=480KMと考えれば現実では480KMくらいかもしれません。
グローバルカンボジア・トレードディベロップメントなら初乗り1.6KMで4,000リエル
その後160Mごとに400リエル、まあようするに、4000リエルで1.6KM進むということだな。
480/1.6*4,000=1,200,000リエル 4000リエル=1ドルあたりだから
1,200,000/4000=300$・・・・・・・・・・・・・・・・・

だ、だめだ絶対バス会社見つけなきゃ。

バイクタクシーで行くにしたって、おそらく1時間に一回乗り継いでいうような運に頼った旅になるし・・・・・・・・・・・・・

ん?

こ、これはまさか水路という手もあるのでは?
しかし、インターネットで調べてみると、7時から出発のようだ。
いずれにしてもプノンペンに着いたら何よりも先にバス会社を見つけねばなるまい。
幸い本数は多そうだし、そこまで心配しなくてもいいかも・・・・・・・・・・・・・・・

参考HP
http://krorma.com/cambodia/movement/


その他の旅行や観光情報は下記から!

旅行・観光 ブログランキングへ
その他ベトナムの生活は下記より!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村






FC2 Blog Ranking
ブログランキング




2014年4月27日日曜日

屈強のバックパッカー集まるベトナムーカンボジアータイ準備編1

の続き

あっという間に連休が目前に来ております。
以前フィリピンに行ったころはそれこそ結構本を読んだものですが、今回買ったり貰ったがいいわ
とても熟読する時間は無く、それどころか今回の旅に支障が出るほどの忙しさ(旅は2の次だろ!)
で、実はトラブル発生。

友人Eにシェムリアップまでの寝台バスあるんですかね?という話をして、あるある!って遅いわい!
たぶんもうないぞ!なんて言われたんで急いで29日の夜便のスケジュールで確認するために
DE THAMへ。

バス会社に確認を取ってみるとマジかマジでないんかと
まさか、HCMからプノンペンーシェムリアップという苦難の道を歩もうとする戦士がここまで多いとは
思わなかった。4-5社に確認とって貰い、自分自身聞きまわったが無い。

流石ベトナムのバックパッカー・・・・・・4時間プラス、6時間という泣く子も黙るバスコースを躊躇なく
選択する。

まあ言い訳はここまでで正直準備不足でしたすみません。

そこで、ひとまずプノンペンへ行くことに。
結局のところ、29日の夜出発したところでそこまでスケジュールは変わることは無い。
29日出発の場合
00:00ETD HCM 
30日
02:00あたりETA ボーダー、なお、国境は閉まっているためバスの中で就寝
08:00あたり国境が開いて
10:00時頃プノンペンか?

30日出発の場合
8:20ETD HCM
12:20あたりETA Phnom Penh

こう考えると、国境でいたずらに時間を浪費するのがあほらしいではないか!
まあ、一回国境でボーダーで閉まってて、入れなくてバスで寝ましたってのも経験したかったけど
ここは仕方があるまい。ウン納得するしかないよ。

バンコクから帰りの飛行機も予約完了した。なんだかんだかかって100ドルだった。
VJ8902 03May2014 Eco 13:50 - BangKok (BKK )
                                                15:20 - Ho Chi Minh (SGN )


おおよその予算を予測してみた。
4月30日
バス)ホーチミンープノンペン       15ドル
VISA)カンボジアビザ                25ドル
バス)プノンペンーシェムリアップ  20ドル?(くらい?)
ホテル)シェムリアップ                 30ドル?(くらい?)←このあたりで(くらい?)をCtrl Key+Cを押し始めた。
水・食事代                                 10ドル?(くらい?)
5月1日
アンコールワット遺跡入場料   20ドル右HP参照http://www.tsurezure.org/2013/02/blog-post_3.html
バス)シェムリアップーバンコク    20ドル?(くらい?)
水・食事代                                 10ドル?(くらい?)
ホテル)                                     30ドル?(くらい?)
5月2日
ホテル)                                     30ドル?(くらい?)
水・食事代                                 10ドル?(くらい?)
5月3日
バス)ホテルから空港まで           10ドル?(くらい?)
水・食事代                           10ドル?(くらい?)
航空賃)バンコクーHCM              100ドル
ざっくり予算出して、計算して
1日目15+25+20+30+10=100ドル
2日目20+20+10+30  =80ドル
3日目30+10      =40ドル
4日目10+10+100  =120ドル
           TOTAL340ドル 

なお、実際のところこんな高いホテルに泊まるつもりはないし
3日目はたぶんビーチに行くと思うのでいろいろ経費がかさむと思う。
あくまで予定である。突き詰めていくならば、アンコールワット遺跡までの交通費とかもわかんないし
食事代水代も10ドルで統一できないとは思う。まあ500ドルは実際はかかるんだろうなーと。

続く

参考HP




その他の旅行や観光情報は下記から!

旅行・観光 ブログランキングへ
その他ベトナムの生活は下記より!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





2014年4月19日土曜日

Hiep Phuocへ行ってきた。またコカコーラのイベントでコカコーラだけ貰って戻ろうとした。


この一週間もあっという間の一週間でした。

週始めHiep Phuocという場所に仕事で移動した。地図でみると、ホーチミンの真下に位置するこの場所まで7区からは結構あっさりいけました。

予定より少し早くついたので近くのカフェで朝のコーヒーでも飲もうかと思ったのだが、ここは食事しか出来ないようだった。

食事をするほどは時間無かったので、そのまま仕事場まで移動した。まあ綺麗な風景が写真撮れたのでみて置いてください。ちなみにIphone4はまたドック入りです。もうだめかな。
なんか職場の一階でコカコーラのイベントの宣伝やっていた。
左はその時もらった紙?左は当日のイベントの姿。このイベントではなんかに応募して商品がもらえるようだった。ちなみに私はコカコーラが無料で配られていることを知っていたので、コカコーラを手に入れるがために一階まで降りてもらって上に戻ろうとした。しかし、その時あらゆる階の人たちが一気にコカコーラと商品目指して降りてきたためにうえまで戻るのにかなりの時間を消耗した。







最後は本日土曜日の豪華カフェ。
パークハヤットの一杯130000VND(600円)のPassion De Fluea?を飲んだ。椅子はウン百ドルはするだろう豪華な椅子に座り、バイオリンとピアノの生演奏を聴き、適度な温度で管理され、美人のねーちゃんを見学できる。
左、まるで西洋の貴族が使うかのような豪華なポット。
まあ要するに、今週一杯もいろいろイベントがあり平和なホーチミン生活でした。



2014年4月14日月曜日

HS-CODEを調べる

ちょっとは輸出入についても話をしてみよう。
とはいっても、海外で仕事をしている人なら当たり前の常識のような話だ。
なお、これによって何か失敗が起きたとしても私は責任は負えませんので悪しからず。

ベトナムで輸出入を考えている人なら誰しも輸入関税について気になることでしょう。
そういう方は下記の本を買うことを強くお勧めします。

この本はベトナムでどのHS-CODEが適応されているのか分かる本で、あらゆる貨物はここのHS-CODEによって区別されます。

かといって何の貨物がどこのHS-CODEに当てはまるのかましてベトナムの本なんてすぐには分からないので、まずは日本のHS-CODEから調べてみましょう。

例えば、ペンを輸入する場合、Google先生で
「HS-CODE ペン」と調べて見ましょう。


すると、それらしいのが出てきました。
9608か、よし今度はベトナムのHS-CODEBOOKの9608を見てみよう。

物によってはベトナム語でしかかかれていないので中をしっかり確かめて購入しよう。
見てみると、主流は25%のようだ。見るべき箇所は「UU DAI」これはWTOに加盟している国ならどこでも当てはまる関税だ。ではその隣の「ATIGA」とは何なのだろう?
AtigaとはASEAN Trade in Goods Agreementの略で、Asean内で作成されたことを証明する原産地証明書(FORM-Dと呼ばれている) が取得できれば、5%で輸入できるという。
ただ時々、税関にいちゃもんをつけられてそれが取得できないこともあるのだという。

参考HP
http://www.jetro.go.jp/world/asia/idn/qa/02/04A-011157


旅行・観光 ブログランキングへ
その他ベトナムの生活は下記より!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村








FC2 Blog Ranking
ブログランキング

2014年4月12日土曜日

冷たいお茶よ、さようなら

今日は土曜日なのですぐ仕事が終わった。


土曜日はHCM市内での業務が基本なので
珍しくお昼をHCMで行うことが出来る。

いつもはBinh Duong省というところで仕事をしているのでいつも同じところで食事をしている。
車も無いのでさらに限られてくる。

ホーチミン省から遥遥ビンズン省まで私の職場は大体45分くらい。しかし、Binh Duong省もかなりでかいので場所によっては1-2時間かかるところもある。

今日来たレストランからある日本食屋。この日本食屋には私自身もう2年は通っている。昼は無理だが夜はいつもここだ。実はこの店で今ブログを書いている。この店に通って2年目の前に結構強力っぽいライバル店が出来てもここに私は通っている。

食事も店員もいいのだが、問題はいつもWifi。なぜか繋がらない。このWifiだけは目の前のお店のWifiを利用させてもらっている。ラッキーだ。

最近歳を感じるようになった。歳つったって、まだ28歳なんだが、それでも学生時代のように
ご飯抜きとかすると、その影響がもろに出るようになった。重いものを持っても朝食事をしていないと妙に力が入らなくなった。馬鹿だから学生時代はそういう体のアラームに気づかなかっただけかもしれないが・・・

最近心がけようと思っているのが、冷たい水を飲むのをやめて暖かい水を飲むことだ。
いつも昼頼むときは反射的に冷たいお茶を頼む。ベトナム自体暑いので自然のことのように思えていた。しかし、最近それが腸を冷やし、さらには肝臓機能の働きも悪くしてしまうようだ。

肝臓について最近ちょっと心配なことがある。以前アレルギーで体中が痒くなるというのを
ブログで書いたが、私の知人は肝臓に原因があるのではと判断し、漢方薬を買ってきてくれた。
それを飲んでから、なんとアレルギーの発生のサイクルが長くなったのだ。前は薬を飲んで24時間後にはアレルギーで体が痒くなっていたのだが、2日に1回ですむようになった。

これなのか???
是が原因かー!冷たいお茶から温かいお茶にCHANGEして改善を行うことにする。


参考HP
http://xn--3kq12a073g16za.net/sensitivitytocold/
http://www.geocities.co.jp/Beautycare/1040/ichoub.html

その他の旅行や観光情報は下記から!

旅行・観光 ブログランキングへ
その他ベトナムの生活は下記より!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村






FC2 Blog Ranking
ブログランキング

2014年4月11日金曜日

ベトナムーカンボジアータイ 来たれ5連休

ベトナム5連休・・・・・きたる!
4月30日から5月4日までベトナム税関は休みである。
物流会社としては、税関に休まれちゃしょうがねー休むかという時期だ。

本当は4月30日は戦勝記念日、5月1日はメーデーだが
2日は平日のはずである(3日、4日は土日)
今回はVNACCS(ベトナム版NACCS)導入の背景もあってか一部税関は休むようである
(開いているところもあるかもしれない)

以前はシンガポールからマレーシアもしくはインドネシアを考えていた。
しかし、以前日本に行ったせいかもうお金はNothingである。
そこでここはケチってバスか鉄道旅行としゃれこもうと思う。

となったら国はひとつしかない。隣国のカンボジアからタイへ行く。
バックパッカーの王道を歩むしかない!

私ベトナムに既に4年目を突入しておりますが、恥ずかしながらタイには行ったことが無く候。
フィリピンで学んだように、カンボジア、タイへのアクセスについて今から勉強せねばならぬ。

とりあえずGoogle先生に聞いてみた。ホーチミンからアランヤプラテートという非常にざっくりした調べ方で左のようなルートが探し出された。車で9時間、646キロという数字が出てきた。車とはつまり乗用車のことである。もちろんだがここから国境越えの手続き等あるからそうはすんなりいけないだろう。





ちなみに、帰りは飛行機を考えている。さすがに行きと帰りバスとかそんな修行のような旅をするつもりはない。


スカイスキャナーで調べてみると、なんと5月3日は1万ちょいなのに、4日だと2倍に跳ね上がることが判明。さすが連休最終日だ。半端じゃないぜ。ということで、簡単なスケジューリングとしては
4月29日の夜(夜行バスがあれば)出発して、30日中にカンボジア到着、長く見積もっても1日に
タイのアランヤプラテートまでいけるだろう。そこからバンコクまで車で約3時間程度もはやタクシーでも無理すればいける距離である。

つまり理想スケジュールは下記の通りだ。
4月29日夜行バスにてベトナム・カンボジア国境まで
4月30日6時から国境を越えて
4月30日スケジュールは分からないけどプノンペン駅ーアランヤプラテート駅
5月01日タイ到着、バンコクへ移動
5月02日周辺を旅行
5月03日VD8902(13時50分発)かVN602(19時30分発)に乗ってベトナムへ帰郷
(上記あくまで理想です)
予算は多く見積もって500ドルでいけないか考えている。アドバイスあったらください!

下記へ続く
屈強のバックパッカー集まるベトナムーカンボジアータイ準備編1

その他の旅行や観光情報は下記から!

旅行・観光 ブログランキングへ
その他ベトナムの生活は下記より!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





2014年4月4日金曜日

カントリーリスクロード

どうもこんばんは露です。
今日は連日ハリネズミの話ばっかり書いていて、危うくハリネズミ日記に名前が変わりそうだったので、違うことを書いてみます。

本日9時辺りに取引先の倉庫会社と会う話があったので、AMATA(工業団地)まで出かけました。車やバイクの波をどんぶらこどんぶらこと流れつつ、走っているとぱっとメコンデルタのような光景が広がりました。

うまくIphone4で写真が取れましたので、掲載してみた。




どうです?湖に浮かぶ雲綺麗でしょ?うまいこと撮れましたよって!これ道路やん!
ベトナムは地盤が弱くあっさり地盤沈下してしまうので、こういうことが多々発生します。

TAN THUAN工業団地もそう。場所によっては工場内が水浸しになることもあるとかないとか。
昔、中学生のサッカーの試合を見たのですが、湖の中をやっていましたね。
まるで水球のようでした。

様々なカントリーリスクがありますが、これもきっとそのうちのひとつでしょう。

その他の旅行や観光情報は下記から!

旅行・観光 ブログランキングへ
その他ベトナムの生活は下記より!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

2014年4月2日水曜日

ハリネズミ日記に名前をかえようかな・・・・・

どうも最近出没率が多い露なる人です。
最近どうも駄目です。正直ハリネズミのこと以外考えられなくなりました。

前は結構車の移動中とか、アジアのニュースとか見ていたいのですが、今はどっちかというとハリネズミの飼育の仕方やら調べたほうがずっと面白いです。

私は自分でも言うのは何ですが好きになったものはとことん好きなので、ハリネズミの歴史についてやら、ハリネズミで英語の勉強したりとかやってしまいそうです。

→これ前回言っていた椰子のみをくりぬいて作った家です。





←入るとこんな感じ。

ハリネズミについて勉強していると、一人暮らしにぴったしな動物なんじゃないかと思います。理由は下記の通りです。

1)泣かないので、団地などで育てても近所迷惑にならない。
2)夜行性なので、安心して昼間外に出かけられる?
3)なんかあるはず


日本だと、冬などに冬眠するリスクがありますが、ここベトナムだとその心配は皆無。よっぽどクーラーをきかさないとそういうことにはならない。

運よく、私の部屋のひとつが1階から屋上までの吹き抜けになっている部屋があり、直射日光は当たらないが、風通しがいいという環境で涼しい。湿気も少ない気がする。

心配なのは、この写真のチップが針葉樹なのか広葉樹なのかよくわからない点だ。
一応ペットショップの人がこれいれればいいよと教えてくれたので、入れてみたが
本当に大丈夫か心配。

もうベトナムでボコボコ日記よりハリネズミ日記に名前かえた方がいいかもしれないくらいだ。

ちなみに計画では下記のような家を作る予定。



その他の旅行や観光情報は下記から!

旅行・観光 ブログランキングへ
その他ベトナムの生活は下記より!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村