今日のベトナム語


日付ベトナム語日本語
4月30日biến áp変圧器

bột mì小麦粉





2014年4月27日日曜日

屈強のバックパッカー集まるベトナムーカンボジアータイ準備編1

の続き

あっという間に連休が目前に来ております。
以前フィリピンに行ったころはそれこそ結構本を読んだものですが、今回買ったり貰ったがいいわ
とても熟読する時間は無く、それどころか今回の旅に支障が出るほどの忙しさ(旅は2の次だろ!)
で、実はトラブル発生。

友人Eにシェムリアップまでの寝台バスあるんですかね?という話をして、あるある!って遅いわい!
たぶんもうないぞ!なんて言われたんで急いで29日の夜便のスケジュールで確認するために
DE THAMへ。

バス会社に確認を取ってみるとマジかマジでないんかと
まさか、HCMからプノンペンーシェムリアップという苦難の道を歩もうとする戦士がここまで多いとは
思わなかった。4-5社に確認とって貰い、自分自身聞きまわったが無い。

流石ベトナムのバックパッカー・・・・・・4時間プラス、6時間という泣く子も黙るバスコースを躊躇なく
選択する。

まあ言い訳はここまでで正直準備不足でしたすみません。

そこで、ひとまずプノンペンへ行くことに。
結局のところ、29日の夜出発したところでそこまでスケジュールは変わることは無い。
29日出発の場合
00:00ETD HCM 
30日
02:00あたりETA ボーダー、なお、国境は閉まっているためバスの中で就寝
08:00あたり国境が開いて
10:00時頃プノンペンか?

30日出発の場合
8:20ETD HCM
12:20あたりETA Phnom Penh

こう考えると、国境でいたずらに時間を浪費するのがあほらしいではないか!
まあ、一回国境でボーダーで閉まってて、入れなくてバスで寝ましたってのも経験したかったけど
ここは仕方があるまい。ウン納得するしかないよ。

バンコクから帰りの飛行機も予約完了した。なんだかんだかかって100ドルだった。
VJ8902 03May2014 Eco 13:50 - BangKok (BKK )
                                                15:20 - Ho Chi Minh (SGN )


おおよその予算を予測してみた。
4月30日
バス)ホーチミンープノンペン       15ドル
VISA)カンボジアビザ                25ドル
バス)プノンペンーシェムリアップ  20ドル?(くらい?)
ホテル)シェムリアップ                 30ドル?(くらい?)←このあたりで(くらい?)をCtrl Key+Cを押し始めた。
水・食事代                                 10ドル?(くらい?)
5月1日
アンコールワット遺跡入場料   20ドル右HP参照http://www.tsurezure.org/2013/02/blog-post_3.html
バス)シェムリアップーバンコク    20ドル?(くらい?)
水・食事代                                 10ドル?(くらい?)
ホテル)                                     30ドル?(くらい?)
5月2日
ホテル)                                     30ドル?(くらい?)
水・食事代                                 10ドル?(くらい?)
5月3日
バス)ホテルから空港まで           10ドル?(くらい?)
水・食事代                           10ドル?(くらい?)
航空賃)バンコクーHCM              100ドル
ざっくり予算出して、計算して
1日目15+25+20+30+10=100ドル
2日目20+20+10+30  =80ドル
3日目30+10      =40ドル
4日目10+10+100  =120ドル
           TOTAL340ドル 

なお、実際のところこんな高いホテルに泊まるつもりはないし
3日目はたぶんビーチに行くと思うのでいろいろ経費がかさむと思う。
あくまで予定である。突き詰めていくならば、アンコールワット遺跡までの交通費とかもわかんないし
食事代水代も10ドルで統一できないとは思う。まあ500ドルは実際はかかるんだろうなーと。

続く

参考HP




その他の旅行や観光情報は下記から!

旅行・観光 ブログランキングへ
その他ベトナムの生活は下記より!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





0 件のコメント:

コメントを投稿