今日のベトナム語


日付ベトナム語日本語
4月30日biến áp変圧器

bột mì小麦粉





2015年5月8日金曜日

ロン島への行き方。

ロン島。
私が2014年の8月頃にカンボジア行って半年かけてようやく到着した。
その推移を詳しく説明していく。

前回も説明したが、もともとインドネシアのビンタン島に行く予定であった。
しかし、諸事情によりキャンセルして、ロン島に行くことにした。
当初、バスで行く予定であった。前に企んだハーティエン省経由シアヌークビルだ。

26日の日曜日デタム通りに行ってバスチケットを入手しようとした。
しかし、バスチケットは既に売り切れだった。ハーティエン省どころではない
プノンペン経由も全く無かった。さすが連休だ。なんせベトナムでは数少ない
28日、29日、30日、1日、2日、3日という6連休(29日は有給を取ろう)
みんながこぞってバスチケットを手に入れようと躍起なのだ。

仕方がないのでプノンペンまで1万4千円でエアーチケットを取得した。
そこからシアヌークビルまでバスで移動する。

28日、14時05分出発のQR0970(カタール航空)に乗る。
雨季にはいっているのか微妙な時期だが、悪天候により飛行機のフライトが遅れる。
つかカタール航空白人ばっかり。たいした用事もないのに話しかけたくなるほど美人。

15時05分、プノンペン到着。中心地に行くためにタクシーに乗るわけだが
日本人が2人いたのでその方と一緒にプノンペン中心地に行くことを提案する。
12ドルくらいだったのだが12US$/3で4ドルでいくことが出来た。

旅のヒントだが、飛行機に乗ったら最低何人くらい日本人がいるのか把握していたほうがいい
いつどこで困ったときに助け合えるか分らない。出来れば一種の”ご縁”と考えていただきたい。

大使館にVISAの相談をしに移動した。
なんせ筆者のベトナムのレジデンスカードは5月6日に切れる賞味期限ギリギリの品であった。
不安でしょうがない筆者は大使館に行ってVISAを取得しようとしたところ
なんとベトナム大使館は休みであった。そりゃそうだ!
なんでベトナム本国が6連休の休みなのにそれもベトナム独立40周年なんて年なのに
カンボジアにあるベトナム大使館が働いているわけがない!

こみ上げる不安を1分で吹き飛ばし、シアヌークビル行きのバスを探す。
VIRAK BUNTHAM EXPRESS TRAVEL&TOURというプノンペンのどっかの交差点にある
バス会社を利用する。

ちなみに以前筆者がベトナムからプノンペンー>シェムリアップー>バンコクー>パタヤ
までバスで移動するときに利用したバス会社もこの会社であった。
いやこの一年も濃かったね。あれから1年しかたってないんやな。焦るわ。
http://vietnambokoboko.blogspot.com/2014/05/blog-post_4.html

その日の夜、2時頃くらいだったかな。バスにのってシアヌークビルまで向かう。
このとき、俺は前回の教訓を生かせてはいなかった。席を2つ取ることをしなかった。
なぜなら、隣に美女が座ってくれるかも。。。。と座ったのは強面のカンボジア人であった。
俺はなぜ学べないんだと悔やむ。

5時間くらいして、シアヌークビルに着く。(7時00頃)
ここに来るのは去年の9月ぶりだから、かれこれ7ヶ月ぶりということになる。
http://vietnambokoboko.blogspot.com/2014/09/blog-post.html
そういやこのとき、元々ロン島に行く予定だったのだ!そしてまた面白いことにこのときも
隣にでっかいフランス人がごろついており、次回は絶対2人分のバスチケットを入手すると
硬く胸に誓ったはずであった。その誓いはあっさり打ちくだかれ、カンボジア人に5時間
威圧されるという結末であった。

10時頃、バイクタクシーにまたがり、ロン島に行くための準備を行うため旅行会社を探す。
英語の話せるバイクタクシーにI want to go to Koh Rongと言えばすぐ下記の場所に連れて
かれた。





ここはどうも船着場のようで、ロン島までの出発地の
ようです。ちなみに左は名刺です。心配だったら
左の名刺を印刷して現地に行けばいいと思います。

ロン島までの料金は往復で20ドル。Speed Ferry Cambodiaとかいう会社のボート乗るのだが、もしかしたら直接買えば10ドル位で買えるのかも知れない。でもどこで買えるのかはよく分らなかった。

下記がロン島への船での道のり実際どういう風に動いていってたのかは分りませんがまあこんなもんでしょう。





ロン島のところでの船着場はToch Beachといわれるところで、山ほど木造建築のバーとか
ゲストハウスがある。今回私が泊まった宿発施設はBAMBOO。特に理由は無かったのだが
WIFIがとにかく必要だったので、WIFIがあるか確認してここに決めた。
ちなみに、これはアドバイスだが、WIFIは基本的にどこも強くないし、不安定なので
出来るだけいろんなWIFIが手に入るところで泊まったほうがいい。BAMBOOの場合
BUNNAとかいうところのカフェのWIFIが入ったので、ここでビール一本飲んでWIFI確認して
BAMBOOのWIFIが切れたらここのを使うということをしていた。
間違っても他のゲストハウスが無いところには泊まらないほうがいい。

続く。

①半年振りのロン島ネタ投下
もよろしく

その他の旅行や観光情報は下記から!



ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ 

MIXIに飽きたら!BLOGRAM!

ブログランキングならblogram


















0 件のコメント:

コメントを投稿