今日のベトナム語


日付ベトナム語日本語
4月30日biến áp変圧器

bột mì小麦粉





2014年2月13日木曜日

ベトナムからフィリピンへのトランジットの旅(事前学習について)

どうもお久しぶりです。
ベトナムからフィリピン、フィリピンから大阪
大阪から松山、松山から大阪フィリピンベトナムという長きに渡る旅からついに帰ってまいりました。
あまりに長い休日なので様々な方から言われましたよ、嫌味。

前回の上海旅行から如何にすればトランジットの旅が心地よく行えるのかずっと考えています。
今回フィリピンへトランジットで行きましたからその時に思ったことを、以前の上海トランジットの失敗から学び
対策して望んだことを今回まとめてみようと思います。

事前学習について
たかがトランジット、されど海外旅行です。
トランジットで行っただけというより、海外旅行でフィリピンに行ったと他人に言いたいものです。

行きと帰りで1泊2日が2回もあるんです。2泊三日で海外旅行する人もいるのだから時間だけ見ればこれは立派な海外旅行です。
しかし、それをたかがトランジットから海外旅行に格上げするには事前学習が非常に大事です。
予約するホテルへの道のり、ホテルから観光地への道のり、その国にどんな歴史があって、どんな風習があってetc........
事前学習が多ければ多いほど、その旅行で気づくことがたくさんあるはずです。
私の場合ニノイ・アキノ国際空港の名前が日本人っぽい名前でしたからそこからWIKIPEDIAで調べて
ああ、当時のマルコス政権のライバルの名前で、現大統領の親父の名前なんだとか学んで、日本とは全く関係ないこととか調べると面白かったですね。
フィリピンの本も2-3冊くらい読みました。今でも勉強しています。当時のトランジットでの旅行の価値は後から勉強しても高まると思います。
一度行ったことがあるか、無いかはその国について語る上でも非常に大切です。
しかし、行ったことがあっても、行ったことのない人に知識で負けるのは非常に情けないです。
その国に行ったことがあるということに誇りを持てるようにしましょう。私は現在とても上海に行ったことについて誇りは持てません・・・・

また、事前に勉強しておくことで、どこが危険で、何がタブーかも分かるので
旅におけるリスクを軽減させることにも繋がります。
短い期間だから安全に、でも臆せずいろんなところにいけるといいですよね。

0 件のコメント:

コメントを投稿