今日のベトナム語


日付ベトナム語日本語
4月30日biến áp変圧器

bột mì小麦粉





2014年4月14日月曜日

HS-CODEを調べる

ちょっとは輸出入についても話をしてみよう。
とはいっても、海外で仕事をしている人なら当たり前の常識のような話だ。
なお、これによって何か失敗が起きたとしても私は責任は負えませんので悪しからず。

ベトナムで輸出入を考えている人なら誰しも輸入関税について気になることでしょう。
そういう方は下記の本を買うことを強くお勧めします。

この本はベトナムでどのHS-CODEが適応されているのか分かる本で、あらゆる貨物はここのHS-CODEによって区別されます。

かといって何の貨物がどこのHS-CODEに当てはまるのかましてベトナムの本なんてすぐには分からないので、まずは日本のHS-CODEから調べてみましょう。

例えば、ペンを輸入する場合、Google先生で
「HS-CODE ペン」と調べて見ましょう。


すると、それらしいのが出てきました。
9608か、よし今度はベトナムのHS-CODEBOOKの9608を見てみよう。

物によってはベトナム語でしかかかれていないので中をしっかり確かめて購入しよう。
見てみると、主流は25%のようだ。見るべき箇所は「UU DAI」これはWTOに加盟している国ならどこでも当てはまる関税だ。ではその隣の「ATIGA」とは何なのだろう?
AtigaとはASEAN Trade in Goods Agreementの略で、Asean内で作成されたことを証明する原産地証明書(FORM-Dと呼ばれている) が取得できれば、5%で輸入できるという。
ただ時々、税関にいちゃもんをつけられてそれが取得できないこともあるのだという。

参考HP
http://www.jetro.go.jp/world/asia/idn/qa/02/04A-011157


旅行・観光 ブログランキングへ
その他ベトナムの生活は下記より!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村








FC2 Blog Ranking
ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿